忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
おいしい食べ物を見たり、食べたりすると自然と笑顔になりますよね。そういうおいしい食べ物を求め旅(食びぇ)にでます。 そして、旅立ちの地は北海道旭川市。そして、札幌市へ・・・
これから食べ歩きたい店
1 三船(岩見沢の焼鳥。もつとそばが最高)
2 麺屋 高橋(札幌~濃厚魚貝豚骨ラーメンを食べたい)
3 おうぎや(札幌~味噌つけ麺を食べてみたい)
4 大鵬(栗山~味噌がおいしい。)
Calendar
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Free Area

↓クーポンはこちらから

↓旅へ行きたくなったらこちらから

Recent Comment

 おいしいお店の情報、昔の記事へのコメントなど、みなさんのコメントをお待ちしています。
 いただいたコメントには必ず返信いたします。

Recent Trackback
QR code
モバイルブログ
携帯で上のバーコードを読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。
RSS
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『2010.1.30』

 日勝峠を爆走して帰省します。
 狙いすましたように、帯広に着いた時には、お昼です。リサーチしていたとおりに胡風(住所:帯広市西23条南1丁目、TEL:090-8276-9508)に向かいました。
 店前に2台駐車スペースがあります。店内は、変則的なカウンターのみです。

胡風 

太麺にんにく醤油らーめんPartⅡ(780円)
胡風(太麺) 
FOODAD「見た目にインパクトがあります。たっぷりのもやしと、大きめのぶつ切りチャーシュー、生卵がひとつとインパクトがあります。
 スープを一口飲みます。豚骨系の美味しいスープです。
 おそらく、次郎を意識したラーメンだと思うのですが、自分は次郎のラーメンを食べたことがないので、同系の札幌の琴似にあるてら と比較すると、スープは美味しいのですが、たっぷりのもやしや、極太の麺とあわせると、スープが負けてしまっている印象があります。スープはもっと濃くても良いし、ニンニク醤油とうたっているのであれば、もっと、にんにくたっぷりでも良いと思います。
 最初は、生卵を絡めずに食べていましたが、途中で絡めながら食べると、マイルドになり、美味しかったです。
 モヤシの量は、とても多いです。贅沢を言えば、もっとニンニクが絡んでいても良かったです。」
胡風(太麺)2 
FOODAD「麺は、極太です。おそらく帯広で、これだけ太い麺を提供するお店はないのではないでしょうか。」
胡風(太麺)3 
FOODAD「チャーシューは、やわらかく、味はやさしい味つけでした。」
胡風(太麺)4 
FOODAD「にんにくは、おろしにんにくです。ニンニクは少ないなと感じました。もっと、もやしに絡めてもいいし、おろしときざみの違う食感のニンニクを使用してもよいと思いました。」
胡風(メニュー) 
FOODAD「チャーハンが美味しいようなので、時間をおいて、チャーハンと、極太を食べに来てみたいです。」


※人気ブログランキングに参加しています。
ブログランキング(バナー)CLICK!!!  クリックすると、人気ブログランキングの北海道ランキングの順位を確認できます。 

拍手[1回]

PR
≪  553  552  551  549  548  547  546  545  544  543  542  ≫
HOME
Comment
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
Trackback
この記事にトラックバックする:
≪  553  552  551  549  548  547  546  545  544  543  542  ≫
HOME
Ranking

↓下のランキングに参加しています。おいしい食べ物を求める旅の原動力に皆様のクリックをお願いします。

ブログランキング(バナー)

目標だった50位以内に定着しつつあります。次は25位以内(2ブロック目)を目標に色々なお店を紹介したいと思いますので、クリックをお願いします。

Categories

 お好みのフード、地域を下からクリックして選んでください。
 きっと、好みの食べ物が見つかるはず!!

Profile
HN:
FOODAD
性別:
男性
趣味:
旅(食びぇ)歩き
Blogsearch
Access analysis
Counter

E-mail
管理者への連絡は、こちらからお願いします。
忍者ブログ [PR]